歯周病になったときの怖さ│原因と自宅での予防法

予防歯科の必要性

治療室

歯の健康を維持するためには、虫歯などの病気を防ぐことが一番大切なことです。虫歯は、乳歯が生え始める生後六ヶ月ごろから注意しなければなりません。乳歯が生えてくると、少しずつですが離乳食が始まります。そうすると、歯に食べ物のカスが付いてしまうのです。そうすることで虫歯菌が徐々に増えていき虫歯に繋がるのです。乳歯の虫歯は、永久歯にも影響をおよぼすので注意が必要です。大人も、虫歯や歯の病気にかかると健康を害する要因にもなるでしょう。こういった理由から、乳歯の生えてくる時期の子供から歯が生えそろっている大人まで、予防歯科を行なう必要があります。石神井公園の近くにある歯医者でも予防歯科は行なっています。予防歯科の方法は歯医者によって様々ですが、選ぶならば丁寧な方法で説明してくれる場所を選びましょう。歯の磨き方の方法から、磨くと良い時間帯などを教えてくれるでしょう。その他にも、どういった歯ブラシが適しているのか、歯磨き粉の種類なども教えてくれる場所もあるので自宅でのケアもしっかりと行なえます。石神井公園の近くならば、歯医者が苦手な子供でも石神井公園で遊ぶついでに歯医者に行かせたりすることもできますし、お年寄りならば散歩ついでに寄ることもできるでしょう。石神井公園付近に住んでいる人でも、気軽に通うことができる歯医者があるので歯の悩みを抱えている人や、子どもの虫歯予防で悩んでいる親御さんは利用してみるのもいいでしょう。